2009年 05月 24日

自転車行政に物申す。

駅前の放置自転車。

これはどこの自治体も
頭を悩ますところです。

大抵、有料の自転車置き場を
整備して、そこに誘導するのが基本政策。

僕の駅前も
同様な対応をしている。

ところが
以前から疑問に思うことがある。

自転車置き場は駅から南北に走る
桜並木沿いに簡易的につくられていて
細長いので当然、駅に近い場所から
遠い場所まである。


そしてその区分が細かくわかれていて
自転車置き場の名前がつけられている。

自転車置き場を利用したい人は
その置き場の希望を第3希望までかけることになっている。

当然、駅に近いところを選ぶのだが
優先的にそれを選べる人がいる。

障害者などがそうだ。

それはいい。


その次の基準が
自宅が駅からどのくら遠いか。

これが基準となっている。
(ちなみに600mより近い人は申し込みさえできない!!)


ちなみに
僕は600m超ぎりぎりで
4年連続で第一希望がかなったことがない。



これっておかしくない!?


だって、
同じ3000円を払っているのに
どうして遠い人が優先されなければならないのか。


駅を自転車で利用したい気持ちは
まったく変わらないはず。




このばかげた行政により
今、実際におこっていることがある。


僕が第一希望にしている駅に近い駐輪場が
いつもすかすかで
僕が実際に指定されている駐輪場が
あふれかえって自転車を置けない状況になっているってことだ。




この状況を説明するのはたやすい。


自転車は人によって毎日使う人、そうでない人がいる。

それぞれの自転車置き場もある一定の歩留まりをみて
割り当てている。


しかし、そこに距離による優先順位をつけていることによって
近い駐輪場の歩留まりが悪すぎる(読めない)のだ。


つまり、遠い人は他の駅をつかったり、バスをつかったり
タクシーをつかったり、自転車以外の代替手段は豊富にあるから
自転車を使う率が逆に低くなるんだ。
(ここは田舎じゃないからね。)



単純に希望者で抽選にすれば
まったく問題にならないのに。




そして
今年、僕の駐輪場はあまりにパンパンなため
(遅い時間に出勤する)僕は止められずに
近い駐輪場に無断でときどきおいていた。


この状況を
いつ行政にいおうかとおもっていたら
手紙がきた。

「現在、おいている駐輪場が満杯なため
 第一希望の駐輪場に振り替えます。」

だって。


即効、申し込みました。





でもなあ、根本の解決法がわかっていないだろうなあ。。
[PR]

by eisukem | 2009-05-24 15:45 | オピニオン


<< きょうのランチ。      新型インフルエンザ。 >>