ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 29日

絶対貧困。

ある日、日経新聞を読んでいたら
ある書評に目がいった。

「絶対貧困」石井光太

c0029779_1122569.jpg














本を読まない僕が
めずらしく翌日に本屋さんで
この本を買った。



以前、中田英寿が中心となって
ホワイトバンドのキャンペーンが展開されていたのは
記憶に新しいところ。

ファッションとして
とってもブームになったけど
あの運動がなんのためにあったのか
覚えていない人も多いはず。

実は
貧困撲滅のための運動だったんですね。

日本にいると
貧困って自己責任の範疇でしかないって
気がするけど
それは十分な仕事とそれを自由に選べる環境があるからこそ。

世界に目を向けると
そうでない現実がそこにある。


「絶対貧困」にはその現実がやさしくかかれている。



貧困っていうのは
あらゆる犯罪や戦争、テロの原点になる
実はとっても根本な問題。


「幸せ」は
こころの持ちようだけれども
明日の食べ物もままならない世界では
こころの余裕も倫理もなくなってしまう。

人間は
環境の動物だって
僕はよくいうけど
僕もそういった世界で
教育も受けられずにいたら
どういう人間になってしまうか
わからないと思う。



というわけで
少しでも興味をもった人に
わかりやすい映画があります。


「スラムドッグ$ミリオネア」



c0029779_11212890.jpg











これね、
全く飽きさせない優れたエンタテインメントだけど
テーマは実は結構重い。



ぜひ見てほしい。
[PR]

by eisukem | 2009-05-29 11:23 | オピニオン


<< 体脂肪の変化のさせかた。      プリズンブレイク4。 >>