ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 15日

薮こぎから帰ってきました。

昨日、薮こぎから帰ってきました。

薮こぎって何!?って
みんなに言われますが
そもそもそういうカテゴリーというかスポーツというか
そういう行動が世の中に存在するのか
という疑問からスタートしました。(笑)

主催したのは
カヌーチームの転覆隊


アウトドア界では知らせた存在で
21年まえに発足したそうです。


メインはカヌーですが
さまざまなアウトドアキャンプに挑戦する姿が
BEPALでも連載され人気となっています。


さてそんな転覆隊の隊長と
縁があって
自らバトル参加を志願。

今回の薮こぎとあいなりました。

場所は
苗場スキー場近くの三国峠から稲包山から三国スキー場に抜けるコース。

道なき道、まさに熊笹の中をすすむという
予定でした。


まずはバトル前日。

ゴール地点と途中リタイアしたときのために
車を配置。

一日目にすきやきを食べる(!!)ために
街で買い出し。


そして
苗場の宿へ。

泊まったのは旅館こしじや。

c0029779_18363055.jpg



















苗場といえば
苗場プリンスのイメージですが
そこからはかけ離れた感じの宿でした。

というか
だいたいこの時期に宿をオープンしているのは
ここも含めて3軒しかないそうです。





薮こぎをしながら
すきやきを食べるという無謀な計画なため
(翌朝はラーメン!!)
その装備は重量過多で
僕は水だけでも5Lを運搬。(笑)

個人装備を入れると15K〜20Kの重さに。

翌朝 5時に朝食をとって出発。

c0029779_18363040.jpg























道なき道のはずでしたが
なんと山道があるではないですか。


とても寒かったですが
山の尾根を50cmぐらいの細い道をひたすらアップダウン。

c0029779_18363038.jpg



















かなりハイペースで
稲包山に到着。


ここまで所要時間5時間ほどか。

これでは
ゴールまで一日目で着いてしまう。。。



山頂で昼食をとったあと
一時間ほど下ったところで
いよいよ隊長から
「お待たせしました。スタート地点につきました!」


うれしそうに
薮を指すではないか。


ここから
薮こぎスタート。

c0029779_18363067.jpg




















ほんとに熊笹しかないところを
延々にわけて入る。


ここまでわりと
景色を楽しみながらピクニック気分でしたが
笹しかみえないので
こりゃ、たんなる山岳部の訓練だよ〜。(笑)


事実、山岳部が訓練したあとのような
目印が木々に付けられている。




2時間ぐらい無心に薮をこぎまくったあとで
薮の真ん中でテント設営。
c0029779_19132730.jpg





















こんなとこで
テント張った人は
多分だれもいないと思う。(笑)



夜はおいしくすき焼きをいただきました。




翌朝は6時におきて
ラーメンを食べ出発。




実は2日目のほうが
薮は深く、きつかった。


いったいどこがゴールなのかわからず進む。


c0029779_18363041.jpg




















途中、川に到着。

しかし、川沿いは歩けないので
ひたすら薮をこぐこと3時間。


ようやく山道にたどりつき
お昼にはゴールの三国スキー場へ
到着しました。
c0029779_19141360.jpg




















もう薮こぎはお腹いっぱい。(笑)





もし、どなたか
挑戦する人がいましたら
アドバイス差し上げます。








さて
11/23ライブの練習をしなきゃっ。
[PR]

by eisukem | 2010-11-15 18:36 | 初体験


<< 明日発売!      赤城高原! >>