「ほっ」と。キャンペーン
2010年 12月 15日

40代になって思うこと1。

最近、電車で席をゆずるのが
マイブームになっている。

そんなのブームじゃなくて
あたりまえだろうと
怒られそうだが
確かにそうなんだけど
以前にも増して、そのことに気づくようになったし
そうすることに躊躇しない自分に気づくようになったのは事実。


きょうも、中目黒で席に座ったら
となりの空いた席に
老夫婦二人がきて
「さあ、あなた、すわって」といって
おばあちゃんのほうが旦那さんを座らせた。

ふたりとも見るからに70代以上だったので
僕は即座にたちあがり
「どうぞ」といったら
「あとふた駅ですから」
とおばあちゃん。
「いや、どうぞ」
「そうですか。すみません。ありがとうございます。」
とかなり申し訳なさそうに僕にいった。

そして
ふた駅めの広尾で立ち上がる間際
「ありがとうございました。」と
とても丁寧にいわれた。

僕はもちろん、晴やかな気分だったけれども
あまりに丁寧にお礼をいわれたので
同時にちょっと恐縮してしまった。


あれ、待てよ。

もし僕が20歳ぐらいだったら
もっとスムーズだったのかな。。

40って決して若くないし
人によっては譲られる年齢!?


あと何年、席を譲ることができるのだろう。

10年ぐらい!?
20年ぐらい!?



僕が20歳だったら
この場面で席を譲らなかったかもしれない。


気恥ずかしいし
いまのほうが
より高齢者の人の気持ちがわかる。



世の中は老老介護の時代か。


(相手にとっても)
気持ちよく席を譲れるのが
あと数年だと思うと
もっと積極的に譲らなきゃと思う
40歳の冬。
[PR]

by eisukem | 2010-12-15 18:56 | オピニオン


<< 明日はフリーライブ。      アファンの森のキコル。 >>