2005年 04月 28日

華氏911。














いまさらだけど
DVDで見ました。

なるほど。


僕は何度もいうけれど
人間は環境の動物で
その環境しだいで
どうにでもなってしまうと。

つまり環境に生かされている。

だから
その環境を作り出す立場の人の
モラルや責任は重大なんだと。


映画というのは
昔から世論を扇動するメディアとして
活用されてきた。

今は
TVというメディアがその役割を担っている。


TV、特に報道番組は疑わない。

正しいと思っている人が大半である。


松本サリン事件のときもひどかった。
でもそれを検証するすべは市民は持たない。


ブッシュ政権は正しいかどうか。

この議論をするつもりはないが
映画『華氏911』は大きな疑問を投げかけた。

綿密な取材とわかりやすい編集により
非常に説得力がある。

アメリカ政府がこの映画を
封印しようとした理由がよくわかる。

マイケル・ムーアはこれを
選挙戦にぶつけた。


しかし
ブッシュは再選した。



どうしたら
世の中は良くなるのだろうか。。。
[PR]

by eisukem | 2005-04-28 16:00 | オピニオン


<< ラーメンをすすれない。      アメがなめられない。 >>