2011年 09月 25日

「音楽と広告」終了です。

c0029779_21255783.jpg


















本日、「COMMUNICATION DESIGN LAB 望月衛介・音楽と広告」が
終了しました。

最終回は生放送。

学生スタッフ二人を相手役に
僕がゲストというカタチでなんとかのりきました。(笑)



1月にスタートして
これまで39名ものゲストが出てくれて
とてもいい経験になりましたね。

ラジオ番組のナビゲーターも初めてだったし
単なるラジオ番組にはとどまらず
学生たちとコラボレーションしながら
ツイッターやUSTREAMをつかって
いろいろな実験を試みました。


参加してくれた学生たちも
ときには叱咤激励したけど
とってもよくがんばってくれたと思います。


ありがとう。
(この写真は彼らからもらったお花です。)

この経験を
社会人になっても生かしていってほしいと思います。




”継続は力なり”

これは僕の座右の銘です。

この番組も
もっと続けられたと思うし
ようやく広告界でも認知されつつあって
継続する中で
必ず何か新しいものやチャンス、ケミストリーが
見えてくることは確信していました。

しかしながら
この番組は僕ならではの企画だったと思うけど
これからピアニスト、コンポーザー、望月衛介が追求していきたい企画でありません。


6/8のライブ凍結宣言、以降
10年後を見据えた、僕の心の変化のなかで
出した結論です。


とてもポジティブな決断だと思っています。


もちろん、ここまで続けてきて
止めるのはさみしいですよ。

でもね。。。





これまで番組を支えてくれた
music birdのみなさま、ディレクターの佐藤さん、
そして学生スタッフたち。

さらには
番組を聞いてくれていたみなさん。

衛介がやっているからっていうだけで
なんとか聞いてくれた衛介ファンのみんな。


ほんとうにありがとうございました。
[PR]

by eisukem | 2011-09-25 21:25 | その他


<< ピアノ探し。      夕焼けサーフィン。 >>