ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 30日

マッチョが3人集まると。つづき。

僕はゲイというか、おかまというか、ニューハーフというか
そういう人たちに外見で好かれることがある。

はっきりいうが僕は嫌だ。
(そういう人たちを否定するわけではなく、僕にはその気がないということです。)


その手の体験は枚挙にいとまがないが
初めての体験は確か小学生のとき。

仲の良い友達とふたりで
かぶとむしを採りにいったときのこと。

大物が採れるという
かなり遠出した山林にいった。

しかし、予想に反して
かぶとむしは見つからなかった。

そうこうしていると
その友達が突然、襲ってきた。

「えっへっへ。。」

「なんだよ、やめろよっ」

逃げる僕。

結局、しばらく山林を逃げて
それは収まった。

仲がよかっただけに子どもごころに
ショックを受けた。


つぎの体験は
高校のとき。

バスケ部に入って数日したら
先輩に部室に呼び出された。

「おい、望月、××しろよっ」

吐きそうだった。

これは数日間つづたが
断固拒否。

その先輩もあきらめた。


大学のときもある。

BBクイーンズで有線放送大賞をとったとき。

大阪だった。

ボーカルの坪倉さんにつれられて
初めてニューハーフという人たちに接触した。

お店ではショーをくりひろげるが
あまりにしょぼいという記憶しかない。

その人たちには
触られまくられた。

ぞっとした。


社会人になるともっと過激化する。

地方にいったときなど
そういう場所にいくと
ホテルに誘われることも。。。


やめてほしい。
[PR]

by eisukem | 2005-05-30 10:19 | その他


<< 携帯を髪に当てると。。      蜂客(ほうか)という生き方。 >>