ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 21日

野村克也監督。

日経新聞、私の履歴書に執筆中だ。

僕はまったく野球に興味がないが
彼はほんとうに波乱の人生で
読んでいて面白い。


ちょうどいま、サッチーこと、沙知代夫人との出会いから
結婚にいたるあたりを書いているんだけど
彼はほんとうに彼女に振り回されている。

だって彼女のおかげで
南海の監督を解任させられたのだから。。。

確かサッチー騒動のときは
阪神の監督をやめさせられたっけ。


サッチーは
バツイチで二人の子供がいた。
(ダンとケニー。ダンは大リーグのエージェントとして有名。)


それでも
彼女の魅力にとりつかれ
結婚することを決める。


彼も結婚していたが
当時野球選手は引退後の生活のことを考え
社長令嬢と結婚する人が
多かったそうだ。

ところが
彼も中小企業の令嬢と結婚したが
あまりに価値観がちがって
すれ違ったそうだ。

で、離婚訴訟になった。

そのときに
サッチーと出会い
監督辞任に追い込まれる。(笑)



でも
野村監督は才能があるから
なんどでも這い上がるんだよね。


才能っていうのは
とめられないんだよね。

誰も。






ところで
同じ紙面に載っている
「愛の流刑地」。

ますます過激に。。。。(笑)
[PR]

by eisukem | 2005-06-21 10:26 | その他


<< ハーゲンダッツのパフェ。      RAY。 >>