ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

アーティストというもの。

きょう、ある著名なアーティスト(ミュージシャン)に会った。

もちろん、彼らの音楽をこれまで聞いてきていた訳だが
その高い音楽性とは違って醸し出す雰囲気は
フレンドリーそのもの。

どちらかというと
職人肌の、それも気難しくない感じで
ふつうの人、オーラを放っていた。


僕は
クリエーティブを何一つ満足にできないくせに
クリエーティブづらしている奴らを
仕事柄、たくさん知っているが
きょうのアーティストに会って
明確にわかったことがある。

それは
アーティストは作品オリエンテッドだってこと。

作品にすべてのメッセージを込めることが
アーティストとしての使命であり、存在意義であるということだ。

以前、僕の尊敬するアーティストであるスティングがあるインタビューで
「僕はMCはしない。なぜなら言いたいことは
すべて曲に入っているから。」
といっていた。

アーティストっていうのは
本来はこういうことなのかもしれない。


僕はどうだろう。

ちょっとしゃべりすぎか。。。(笑)

インストだからちょっとは許してもらうとして(ダメ!?笑)
作品オリエンテッドであるべきことにはなんら異論はない。

いい作品を
そして
伝わる作品を
創り続けること。

望月衛介が
アーティストでいる限り。
[PR]

by eisukem | 2005-10-09 23:30 | オピニオン


<< 15の夜。      ミュージックフェア。 >>