ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 03日

歯医者という商売。

歯のクリーニングを思い立ち
職場と同じビルにある歯医者をたずねる。
(歯医者は2つ入っていて、もうひとつのほうも使ったことがあるがいまいちだった。)

実はここの歯医者
以前一度、つかったことがある。

1年以上前に同様にクリーニングにいった。

まあ、そんなに丁寧な仕上げではなかったが
それ相応のクリーニングをしてもらった。

しかしおどろいたのは
お会計のとき。


まあ、保険つかって2000円ぐらいかとおもっていたら
なんと僕はタダだった。

まあ、これも同じビルに働く人へのプロモーションの一環だろうと
そのときはおもった。

だいたいこれまで(別の歯医者で)
半年に一回ぐらいクリーニングにいっていたが
この一年はよくある定期健診で簡単なクリーニングをしてもらっていて
それでよしとしていたのでいっていなかった。


だから久しぶりの歯医者だった。


いったのは3日まえ。

もちろん、予約をしていったが
30分待たされたあげく
それでもまだ待っていた人がいたので
「まだ待つんだったらまた来ますのできょうはもういいですよ」
とちょっと不機嫌そうに受付のお姉さんにつげた。
「すみません、きょうお時間はどのくらいありますか?」
申し訳なさそうに聞いてきた。
「ほんとに、次回きますのでいいですよ。予約とりましょう。」

そんなやりとりをして
昨日、再度訪問。



「きのうはすみませんでした。」
(あれ、おとといなんだけど。。。)

申し訳なさそうに受付のお姉さんが
僕にいった。

そして5分ほどで
案内される。

でてきた歯科衛生士は
なんだかやるきのなさそうな女性。


「きのうはすみませんでした。」
また、その女性は僕にいった。
(おとといなんだけど。。。)


「クリーニングですよね?」
「はい」

僕はクリーニングだけしたいのだ。

「じゃあ、ちょっと状態を見せてくださいね。」

ベッドをセットすると
僕の歯の様子をチェックしだした。

すると、先生を呼びにいった。

一応、先生に見せるのだろう。


そして男性の先生がやってきた。
「きのうはすみませんでした。」

また同じことをいった。

「あの~おとといなんですが。。。」

さすがに
つっこんだ。


つづく


一日一クリックお願いしま〜す!
↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ
[PR]

by eisukem | 2006-02-03 10:24 | 初体験


<< 届きました~!      続・恋愛心理テスト。 >>