ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 26日

硫黄島。

きのう、深夜のNHKスペシャルで
硫黄島のことがやっていた。

歴史に疎い僕は
ぜんぜんしらなかったんだけど
そうとう悲惨な戦地だったらしい。

小笠原列島の先にあるこの島は
戦略上の拠点として
米軍との大激戦をくりひろげた。

日本の戦死者は2万人以上
米軍は7千人。

そもそも
圧倒的に武器も物資もないなかでの
持久戦だったゆえ
島に18kmにおよぶ豪をほって戦ったそうだ。

異常な暑さと硫黄ガスは
それは想像に絶する環境だ。

さらに悲惨さを物語っていたのは
硫黄島が陥落した後だ。

なんと3ヶ月ぐらい投降に応じず
劣悪な環境の壕に立てこもっていたらしい。

餓えと乾きでつぎつぎと仲間が死んでいくなか
炭まで食べたそう。

どうせ捕虜になったら
殺される、それよりかはましだという
精神状態になっていたのだろう。


戦争は
間違いなく人を壊す。


いまだ
硫黄島には一万を超える遺骨が眠っている。
[PR]

by eisukem | 2006-08-26 14:45 | オピニオン


<< iTMSで2曲買った。      バッテリー交換。 >>