「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 31日

ロンドン~フランス日記その6。

さて、今回の出張の主目的であるイベント当日。

8時すぎに僕のホテルから徒歩15分くらいの
ホテルより会場までのシャトルバスにのる。

しかし、フランスの冬は朝8時でも真っ暗なんだよ。
なんだかしゃきっとしないなあ。

バスが出発して30分ほどで会場に到着。

会場周辺は警官や警備の人ですごいことになってる。

なんせ、4カ国の首脳が出席するもんだから
テロでもあったら大変だ。

バスで到着すると
まずは入り口でセキュリティーチェック。

招待状をみせると
「パスポート、プリーズ」といわれた。

しまった!

パスポートもってきてないや。

どうしよう~。

とにかく
たくさんの人(4000人!)がつぎつぎ入ってくるので
僕ははじっこによけられた。

う~ん、これからホテルにとりに帰ってもなあ。。

実は今回の出張メンバーとは
この会場ではじめて待ち合わせしている。

彼らはこの日の早朝にパリから来ているので
もうとっくについているはずだ。

しょうがないので
セキュリティーのおじさんに
クレジットカードをみせながら
「なんとかいれてよ~」って頼んで
いれてもらった。
(結構セキュリティー甘いかも!?)

ほっと。。。

入り口を通ると
今度は受付で名簿のチェック。

そしてゲストパスのバッジをもらう。

これを胸のポケットにはさんで
入場した。

まずは
本会場に入る前に
簡単なレセプション会場でコーヒーやジュースを飲みながら
(もちろんクロワッサンやパンオショコラもある)
みんな待たされる。

携帯電話で
仲間にコールすると
まもなく会うことができた。

ヴァージンの話と
僕のホテルの話で
30分ほどここで
談笑したあと
本会場へ誘導された。


やや後ろだったが
正面のいい席にすわることができた。


11時にイベントがスタート。

まるでオリンピックの開会式のような
幻想的なセレモニーだった。

最後に首脳各人が
あいさつして終了。

そのあと
メーン会場内で
カクテルパーティーとなった。


会場はとても広いはいえ
なんせ4000人もいるから
大混雑。

僕らはシャンパン片手に
つまみを食べながら歩いていた。

と、僕は
ちょっと一人で行動する衝動にかられた。

「ちょっと会場をまわってきま~す」
と告げて単独行動に。

携帯が通じるから平気かと思っていた。

会場をめぐっているうちあることに気づいた。

あっ僕のゲストパスがない!!

きっとどこかで落としたんだ。。。

でもまあ、イベントも終盤だから
きっと大丈夫だろう。

最初に別れた場所から
ちょうど反対側にきたところで
トイレにいこうとした。

そこで
セキュリティーの人と目があった。

やばい!?


「ゲストパスは?」

「あっ、なくしました。」

「それは良くない。。。」

と軽くそんな会話をして
トイレに入った。

で、トイレから出てくると
なんとごついセキュリティーが3人もでているではないか。

「ゲストパスは?」

「なくしました。どこに落としたやら。。。」

「パスポート見せて。」

あっ、しまった。
パスポート持ってないや。
なんていいわけしたらいいんだろう。。。

「パスポートはもってないです。」

「えっ!どうやってこの会場に入ったんだ?」

「いやあ、入れたんだけど。。。」

「ゲストパスもない、パスポートもない。ありえない。いますぐこの会場からでなさい!」

「ちょっと、まってよ~。僕はゲストだよ。
ゲスト名簿をチェックしてよ。クレジットカードだったらもってるけど。。。苦笑」

「だめだ、すぐにでなさい。」

「ちょっとまって。。」

僕は必死の思いで
電話をかけた。

ところがなぜかこのメイン会場では通じない。

妨害電波か。。。

「ちょっとまって、ほんとにゲストだよ。」

「だめだ」

こんな押し問答をしていたら
僕のクライアントの秘書が偶然にまえを通りかかった。

「フンソワーズ!!(彼女の名前)」

「助けて~。彼らが僕をいじめるんだ。。。」

と彼女に助けをもとめて
なんとか彼女に僕の身分を証明してもらった。

「きみはラッキーな男だね。」と
苦笑いされてやっと釈放。

ふ~。

そのあと
みんなにも無事にあえて
一件落着。

みんなやっぱり僕を探していたようだ。


迷惑かけてごめんなさ~い。


旅にトラブルはつきものだよねっ。
[PR]

by eisukem | 2005-01-31 15:39 |
2005年 01月 29日

ポロ・ラルフローレン。

きょうは
久しぶりにポロのセールにいってきました。

セールといっても
デパートではなくって
TOCで行われる招待セールのこと。

もうポロって時代でもないんだけど
ベッドまわりのホームウェアを狙いにね。

初日、しかも午前中にいったから
混んでたよ〜。

レジが激混みで
30分くらいならんだな。。。

でも
やっぱり
大したものはなかったなあ。

この手のセールって
だいたいがっかりさせられるね。

昔は伊藤忠とかでやってる
アルマーニのセールとかよくいったけど
ほとんど買ってないかも。

結局、海外でかったほうが安くていいからね。

ところで
ポロのセールで思い出したことがあります。

大学4年のとき
ひとりでロサンジェルスにいったことがあります。

車を借りて
モーテルを転々としてたんだけど
ある日、地図をみたら
ラスベガスっていうのが目に入って
だいたい2cmぐらいの距離だったから
あっ、ふらっといってみようって思ったんだ。

で、翌日金曜日に早速、ドライブ開始。

道は単純で
迷うことなくたどり着けるはずなんだけど
いけどもいけども
砂漠道でつく気配がない。

2cmだったはずなのに。。。

こういうときって
なんか心寂しくって
泣きそうになってた。

早朝にでたんだけど
お昼をとっくにすぎてて
そしたら
突如あらわれたショッピングモールがあった。

砂漠の真ん中だ。

ふらふらっとよってみると
どうやらアウトレットらしい。

これがうわさに聞いたアウトレットってやつか。

当時(92年)日本にはアウトレットという概念さえなかった。

そのショッピングモール、まだできたてで
かなりのお店がオープンしてなかったが
唯一目をひいたのが
ポロ・ラルフローレンだった。

日本ではまだ人気絶頂ブランドで
西武百貨店ぐらいにしか入ってなかった。

もちろん、セールなんてしてなかった時代だ。

それが
アメリカ値段のさらに50%オフで売ってた。

それを見た時には
生き返ったよ〜。

もっとも
学生だったから
そんなに買えなかったけど
それでもお徳な買い物を満喫しました。

これで
機嫌がなおって
ラスベガスまでのロングドライブを
なんとか乗り切れたんだ。

結局ついたのは
夕方だったなあ。


あのわくわく感、また
味わいたいな。。。


ちなみにラスベガス、
当時はいまのような一大娯楽リゾート施設ではなく
単なるカジノだったけど
それがねえ
勝ったんだよ。


その話はまた今度。
[PR]

by eisukem | 2005-01-29 22:26 | お買い物
2005年 01月 28日

ロンドン~フランス日記その5。

c0029779_15451437.jpg














これなんだと思いますか?

そう、掃除機。
ホテルにあったんですよ~。

まさか自分が使うことになるとはつゆしらず。。。



ホテルに6時ごろチェックインして
部屋に入った。


まず驚いたのは
ベッドがない!!(笑)


ええ!!

ここってホテル!?

そこにあるのは
ソファとキッチン、そしてぶら下がったTV。

どうやってねるの!?

とよくソファをみたら
ソファベッドになっているようだ。

広げると
たしかに布団がはさまっていた。

あらら。。。


c0029779_15455395.jpg
















実は
今回の旅、
明日行われる大きなイベントに招待され
出席するのが第一の目的だった。

そのイベントとは
詳細は明かせないけど
ヨーロッパ4ヶ国の首脳をはじめとして
世界のVIPが4000人集まるイベントだ。

僕らは
その他の仕事の調整があったので
直前まで日程がきまらず、
ホテルも3日まえに手配した。

フランスの地方都市ゆえ
ホテルがまったくとれず
JTBもお手上げ状態で
しょうがなく個人で
手配したのがここだ。

軒並みホテルが高騰するなか
ここはかなり安かったのが気になってはいたのだが。。。


こういうことだったのね。
ここはホテルじゃなくってアパートらしい。
[PR]

by eisukem | 2005-01-28 15:40 |
2005年 01月 28日

ブログのリンク。

まえにもe-messageで書いたんだけど
僕はmixiとGREEというソーシャルネットワークにも参加している。

それぞれ全く更新していないんだけど(笑)
そこにもブログの機能がある。

それぞれ独自のブログが用意されているんだけど
外部のブログとリンクできることを発見!

つまりこのブログを更新していると
あたかもmixiとGREEそれぞれで更新しているように
プロフィールが反映されることになる。

これは便利!

mixiには”足あと”っていう機能があって
だれが訪れたかわかるようになっているんだけど
それをみると、毎日何人かは訪れているのがわかる。

そこから
このブログにたどりつく人もでてくるかもしれない。

そうやって
ブログって広がっていくんだね。

ところで
昨日、GREEのほうのレビューという
自分のおすす書籍やCDを紹介する機能があるんだけど
そこに自分のCDにレビューを書きました。
(そうすると自分のプロフィールにそれが載るから。)

アマゾンのデータベースをつかっているんだけど
レビューはGREE独自のレビューになっているんだ。

で、2、3、4枚目が載っていたんだけど
なんとすでにレビューを書いている人がいた!

それも
3rdアルバムの「愛と哀しみの果てに」にフルートで参加してくれた
ミュージシャンだった。

当時、確か音大生だったような。。。

元気にしているかなあ。。。

ネット社会は
不思議なつながりをもたらすね。
[PR]

by eisukem | 2005-01-28 11:47 | 発見
2005年 01月 27日

ロンドン~フランス日記その4。

きょうはロンドンからフランスのとある街に行く日。

ガトウィック空港をつかうので
VICTORIA駅からガトウィックエキスプレスというのに乗った。










これは15分に一本ぐらいでている直行列車で
成田エキスプレスに似ている。
空港までは30分、12£だ。

切符を買うとき
アメリカ英語との違いに気づく。

切符のおじさんが僕にさかんに
「Single ?」って聞く。
えっ、「独身??」。

へんな質問するなあ。(笑)

どうやら
片道切符のことのようだ。
往復は「Return」だそうだ。

アメリカでは「One way」、「Round」だ。


僕は
「Single」を買って乗り込んだ。


車内では車内販売があり
コーヒーを頼んだ。

そうこうしていると
あっという間に30分でついてしまった。

ガトウィック空港はサウスとノースがあり
それぞれの間はシャトル列車が走っている。

僕はブルティッシュエアウェイズ(BA)だったので
列車にのった。

BAのカウンターにつくと
どこでチェックインしたらいいのか
わからなかったので
とりあえずファーストクラスのカウンターで聞いた。
僕はビジネスだったのでそのままそこでチェックイン。

出国手続きをすると
しばし、お買い物。
ハロッズでちょっとおみやげを買いました。

そのあと
BAのラウンジにいって
以前書いたようなメールを書きました。

このラウンジはいたって普通。

ヴァージンがすごすぎるのかな。

飛行機にのって
1時間50分で現地へ到着。

時差が一時間あるので
時計を直した。

だいたい夕方5時につきました。

空港でタクシーを待っていると
おもわぬ人と再会。

すでに僕のクライアントをやめ
パリの広告代理店に転職したはずの
アクセルくんだった。

どうやら僕も参加する明日のイベントに出席するらしい。

聞くと彼のお父さんがその会社の関係者だとか。

アクセルくんは結構おぼっちゃまかも。


とりあえず
タクシーに乗り込むと
ホテルへ。


このホテル、とんでもないところでした~。
[PR]

by eisukem | 2005-01-27 15:50 |
2005年 01月 26日

ロンドン~フランス日記その3。

二日目は観光。
(仕事だって!?笑)

時差ぼけで朝起きちゃうんだよね。
しかも2時とか。(笑)

なんとかテレビをみたりして
ひっぱっているんだけど
イギリスのテレビはほんとにつまらない。
(英語がわからないだけ!?)

マードックがやっている
スカイという衛星放送があるんだけど
それも見られないのでラジオにしたりして。。。

ようやく7時になったので
朝食にでかけた。

ちなみに
7時でも外は真っ暗。

8時くらいまでなんとなく暗いかな。

朝食はホテルのバッフェ。

なかなかわるくない。

魚が焼いてあたったんだけど
鮭とさば。
どちらも油が程よく乗っていて美味。

パンもおいしかったかな。


朝食を食べたら
お部屋でひとやすみして
でかけていった。

ホテルから
とにかく歩く。

まずバッキンガム宮殿へ。

c0029779_15503275.jpg













あれれ
赤い服きた衛兵はいないぞ。

冬は地味な服なのかな。

そのかわり
隣の防衛庁(!?)では
迷彩服の衛兵が並んでいました。

c0029779_15505728.jpg











そのあとは
ビックベンに向かってひたすら歩く。

これって国会議事堂なんだあ。



c0029779_15511872.jpg

c0029779_15513777.jpg











そばには変わった
観覧車が。

どうやら日本みたいにカップルでは乗れないらしい。
(一度に30人ぐらい!?)

そのあと
てくてく歩いて
ソーホーと呼ばれる
歓楽街を抜けて
大英博物館へ。

さすがにつかれて
まずはカフェオレで一休み。

どこをみようかと思ったけど
とりあえず教科書でならったロゼッタストーンを観る。

c0029779_1552737.jpg














こんなもんか。(笑)


とても全部はみる気合もないので
さらっと流して博物館を後にした。


これから
どうしようか。

今日は日曜だしなあ。


といあえず
日曜日でもやっているカムデンロックというマーケットが集まる場所に
地下鉄でいくことにした。

カムデンロックにつくと
あまりの人の多さにびっくり。

なんだあ、流行っているんだ。

お店は、、、
なんだかパンクファッションのようなお店が多い。

おっきな原宿ってとこかな。

でも
原宿と違うのは
お店で堂々と
マジックマッシュルームが売っている。

これ大丈夫なの!?


いくつか
マーケットがあって
ピザをたべながらぐるっとまわった。

小さな露天はそれぞれ
特徴があってなかなかおもしろい。

でも
結局なにもかわずに
帰りました。


そのあとは
一旦ホテルにかえって
夜はレクタースクエアあたりへ。
(日本でいう新宿か。)

中華街で
食事をして
きょうは終了。

へとへとでした~。
[PR]

by eisukem | 2005-01-26 17:12 |
2005年 01月 26日

きょうの作曲。

きょうは
モチーフが2曲でした。
(くもって満月が見えなかったからかなあ。)

作曲って奥が深いよね。

いつもそう思う。

いい曲を書きたいなあ。

人の心に
深く留まる曲。


体に入って
ひとつになって
時には熱く激しく
時にはやさしくおだやかに
時には真っ白になるような…。

そして
こころまで届いて
至福の喜びに昇華する曲。

余韻さえも
ともに分かちあえるような…
そんな曲。

そして
また聴きたくなるような…
何度でも
何度でも
[PR]

by eisukem | 2005-01-26 01:16 | 作曲
2005年 01月 25日

ロンドン~フランス日記その2。

初日の夜は
M商事に勤めるロンドン在住の友人とディナー。

ホテルまで迎えに来てくれました。

そこから
ブラックキャブに乗って数分。

ハロッズのそばの
高級イタリアン。


ブラックキャブって
おもしろい。

まず形がかわっているんだ。


c0029779_1452944.jpg















後ろの席に
5人迎え合わせに座れる。

行き先は
乗車するまえに運転手に告げて
お金を払うのも
降りてから払う。

車体にはいろんな広告が書いてあって
かならずしもブラックではないんだけど
どうやら同じメーカーの車みたいだ。


以後
僕もロンドンでブラックキャブに何度か乗ったけど
行き先を告げたあとに運転手が
「乗って」というのを
「チャミ、チャミ」っていうんだ。(笑)

これってなんていっているかわかる人
教えて。


ロンドンのレストランでは
水は買うものらしい。

バドワのようなガス入りと
普通のお水かを選ぶ。

そのときに
普通のお水は
「Still Water」っていうんだ。

なんか、かっこよくない!?

気に入りました。(笑)


レストランでは
シャンパンとワイン一杯
前菜とメイン、デザートを二人でシェアして
紅茶を頼んで
128£。

2万6000円也。

野郎二人にしては
ちょっと高かったかな。

僕の両替してきた現金の半分近くをつかってしまった。(笑)


きょうは
これでおしまい。

硬い握手をして
地下鉄で帰りました。

ちなみに
地下鉄、初乗りは2£。

400円だよ。

高いっ!
[PR]

by eisukem | 2005-01-25 18:33 |
2005年 01月 25日

満月のピアニスト。

c0029779_101932.jpg






まだ知らない人のために
書いておこうと思います。



僕は
満月の夜に作曲をしている。

去年の一月から
かかさず。

ある日、天の声が聞こえたんだ。

「満月の夜に作曲しなさい」と。


それ以来、どんなに遅く帰ってこようが
どんなに飲んで帰ってこようが
どんなにおいしいお誘いがあろうが
ピアノにすわって
作曲をした。


月には
不思議なパワーが秘められている。

きっとそう。

そのパワーを曲にして
そして
満月の日にレコーディングし
満月の日に発売して
満月の日にライブをやる。


これは
僕のライフワークになりそうだ。


なぜなら
僕は
「望月」(満月)
だから。
[PR]

by eisukem | 2005-01-25 10:19 | 作曲
2005年 01月 25日

ミッドナイトティー。

いま、紅茶を飲みながら書いています。

フォートナム&メイソンのセイロンオレンジペコ。

おいしい。

ポンドは高かったけど
これは250グラムで5.75ポンドだったかな。
(1100円ぐらいかな。)

これなら買い。

ミッドナイトティー、新しい趣味になりそうです。



きょうは
満月です。

作曲しなきゃっ。
[PR]

by eisukem | 2005-01-25 01:15 | たべもの