<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

ピアノ探し。

ホールの目処は
だいたいたったかな。


で、引き続きピアノ探しです。
(レコーディング用のね。)


c0029779_1573660.jpg



























c0029779_158564.jpg

























これはFAZIOLIというイタリアのピアノ。

ペダルが4つ付いていて
4つめのペダルはどういう機能かというと
打弦ハンマーの高さが上がる機能がついてます。

そうなると
弦までの距離が縮まるので
打弦が弱くなり、まろやかな音がでます。



c0029779_1585068.jpg



























こちらはヤマハのC7。

C7はセミコンサートサイズではあるんだけど
ピアノはコンディション、調律によって
ぜんぜん音が違うから
フルコンサート=いい音ではないんですよね。


ヤマハは好きなピアノです。


c0029779_15102724.jpg

























さて
新しい音は
いつお届けできるかな!?
[PR]

by eisukem | 2011-09-29 15:14 | 音楽
2011年 09月 25日

「音楽と広告」終了です。

c0029779_21255783.jpg


















本日、「COMMUNICATION DESIGN LAB 望月衛介・音楽と広告」が
終了しました。

最終回は生放送。

学生スタッフ二人を相手役に
僕がゲストというカタチでなんとかのりきました。(笑)



1月にスタートして
これまで39名ものゲストが出てくれて
とてもいい経験になりましたね。

ラジオ番組のナビゲーターも初めてだったし
単なるラジオ番組にはとどまらず
学生たちとコラボレーションしながら
ツイッターやUSTREAMをつかって
いろいろな実験を試みました。


参加してくれた学生たちも
ときには叱咤激励したけど
とってもよくがんばってくれたと思います。


ありがとう。
(この写真は彼らからもらったお花です。)

この経験を
社会人になっても生かしていってほしいと思います。




”継続は力なり”

これは僕の座右の銘です。

この番組も
もっと続けられたと思うし
ようやく広告界でも認知されつつあって
継続する中で
必ず何か新しいものやチャンス、ケミストリーが
見えてくることは確信していました。

しかしながら
この番組は僕ならではの企画だったと思うけど
これからピアニスト、コンポーザー、望月衛介が追求していきたい企画でありません。


6/8のライブ凍結宣言、以降
10年後を見据えた、僕の心の変化のなかで
出した結論です。


とてもポジティブな決断だと思っています。


もちろん、ここまで続けてきて
止めるのはさみしいですよ。

でもね。。。





これまで番組を支えてくれた
music birdのみなさま、ディレクターの佐藤さん、
そして学生スタッフたち。

さらには
番組を聞いてくれていたみなさん。

衛介がやっているからっていうだけで
なんとか聞いてくれた衛介ファンのみんな。


ほんとうにありがとうございました。
[PR]

by eisukem | 2011-09-25 21:25 | その他
2011年 09月 24日

夕焼けサーフィン。

c0029779_19592830.jpg


















きょう、サーフィンいってきました。

いつものように片貝に。

波なかったなあ。。(笑)


ところで
日本で夕方にサーフィンしたの初めて。

ハワイでは
毎日早朝と夕方にやるから
夕方のサーフィンの気持ちよさは
十分しっているんだけど
日本では渋滞が面倒で
ずっといってませんでした。

きょうは
3連休の中日ということで
渋滞もましかなとの読みもあり
いってきちゃった。


正解。


いってみてわかったんだけど
朝との違い。

それは
夕方のほうがドライブ中も含めて
いろんな事を考えちゃうね。

でも
ネガティブな意味じゃなくて
思考を整理するとまで言わないけど
いま考えていることとか
気持ちとかが浮かんできて
なんだか落ち着く。


朝は友達どうしでもいいけど
夕方はひとりがいいな。

もしくは特別な人と一緒か。



明日の生放送、みんな見てね!!
[PR]

by eisukem | 2011-09-24 19:59 | 初体験
2011年 09月 19日

25日は生放送!!

1月からはじめてきました
「COMMUNICATION DESIGN LAB 望月衛介・音楽と広告」


9月25日(日)19時〜の放送をもって1stシーズン、最終回となります。

これまでmusic birdにも、他のラジオ番組にもなかった異色のインタビュー番組で
毎回広告界を中心としたトップクリエーターにお越しいただいて
ヒットの秘訣をお話いただいていました。

ラジオ番組のお話をいただいたときに
最初は僕の冠音楽番組ということで
やればいいということでしたが
そこは元広告マンの血が騒いでしまったというか
とにかく望月衛介にしか出来ないことをやろうと思って
この番組を企画しました。

いざやろうとすると
「音楽と広告」という番組タイトルを決めるのも大変だったし
番組のオープニングテーマとか、ジングルとかオリジナルでつくったし
何よりキャスティングを全部自分でやったから(笑)
これがとんでもなく大変で。。


よくぞここまで、一流の人たちが出演していただけたと
いまさらながら感謝しています。


そんな番組が一旦一区切りということで
最終回の9月25日はツタワリスト(ゲスト)は僕です。

PRスタッフとして参加してくれていた
学生たちと番組を進行します。


しかも。。
完全生放送。

MUSIC BIRD、中継する全国54局のコミュニティーFMはもちろんのこと
USTREAMでもその模様を生中継します!!!

なので
これまでなかなか番組を聞けなかった人も
この日はぜひ聞いて(観て)ください。


僕の音楽人生や
電通人生のことも語ると思います。

そして生放送ならではの企画も!!!


あと
お便りもまってます。

メールはmail@onkou.com
そしてFAXは03-3288-8902

もちろん、USTREAMのソーシャルストリームでも受け付けます。



プレゼントも当たる企画も用意してますので
僕への質問や番組の感想、くだらなくてもいいので
おくってくださいね!!


とっても
楽しみにしてます!

25日(日)19時〜20時に
お会いましょう!



Video streaming by Ustream
[PR]

by eisukem | 2011-09-19 19:39 | 初体験
2011年 09月 16日

神様にもらった時間。

もともと
予定があったものがなんらかの理由でなくなったとき
そこに時間ができる。

1時間やそこらだったら
スタバにいっておわりだけど
それが6時間だったらどうだろう。


1.いま、たのしいことを探す
2.日常の仕事にあてる
3.未来のことをする


この3つだったら。


ついつい1を選んでしまうのが
人間の性か。
(スタバじゃなくて、ビールのんじゃうとか。笑)


2の人は結構いるかな。



ぐっとこらえて
きょうは3かな。



それを
神様にもらった時間と呼ぼう。


クリエイティブな時間に乾杯!
[PR]

by eisukem | 2011-09-16 15:33 | その他
2011年 09月 13日

ど〜も。

小田和正さんの新譜”どーも”を聴いている。

c0029779_16105955.jpg














ラジオから流れて来た”東京の空”という曲が気になって
ダウンロードした。


ずっと聴いていたら
昔のことを思い出した。


僕はオフコースを
特別聴いたことがなかった。


そうだ、中学生のとき
合唱曲の課題で「さよなら」が使われていたっけ。

そのとき、ピアノ伴奏を僕がやったぐらいだ。



それから
高校に入って
死ぬほど一生懸命バスケットボールをやって
ほんとうにがんばって。。。


2年生の冬、県大会ベスト16の試合で
僕のアキレス腱が切れた。


医者からは
「次、出たら切れるよ」といわれていた。


でも
僕が出なかったら
チームが負けるから
出ない選択なんてなかった。



切れた瞬間
パーンって大きな音が
体育館に響いた。


痛みなんて
感じなかった。


試合に負けた。


ただその事実だけ知った。


チームドクターの紹介で
大井町のスポーツ整形外科がいる病院に入院した。


手術して
約2週間、入院した。


それまで
毎日毎日体育館に通っていた日々が
急になくなって時がとまったようだった。


入院してすぐにみんながお見舞いに来てくれた。

たくさんのたべものをもって。

だけど
すぐに食欲はなくなった。

そりゃそうだ。

どんなに何をたべても
太れないぐらい運動していたのに
急に止めたんだから。



手術は
僕にとって最悪だった。

あの麻酔のしびれを思い出すだけで
いやな気持ちになる。



そんなとき
ある女の子がお見舞いに来てくれた。


最初は友達と二人できてくれた。

素直にうれしかった。

連れの女の子が
「○○ちゃんは望月くんのこと大好きなんだから、よろしくね。」
そんな手紙をくれた。




次の日、彼女はひとりできた。


僕はちょっと驚いたけど
なんだかうれしかった。


それから
彼女は毎日、やってきた。

学校帰りに。

決まった時間に
必ずお見舞いの品とお手紙を持って。



いつしか
僕は彼女を待つようになった。


ある日、彼女は
カセットテープをもってきた。

「いつも洋楽ばかり聴いているだけど
オフコースは好きなんだあ。」

そういっていた。


そのなかの一曲が特に好きだといっていた。


僕は何度もそれを聴いた。

何度も何度も。


心に響いた。





僕らは
病院の屋上でデートした。


そのときの東京は
とても暖冬で、天気がよく
空が高かった。


僕はパジャマだったけど
寒くなかった。

彼女のせいかもしれないけど。


夕日がきれいだった。
ずっとみていたかった。

一緒にいるだけで
幸せだった。。。







僕らのチームは
その後、関東大会予選、インターハイ予選と惨敗して
僕のバスケットボール人生は終わった。






あの曲、なんて曲だったのか
思い出せない。


いま、一番探したい曲。

あの日のオフコース。
[PR]

by eisukem | 2011-09-13 16:55 | 恋愛
2011年 09月 12日

本日は満月。

昨晩、月を見てたんだけど
綺麗だったなあ。


満月だとこんなに
夜も明るいんだって思った。

さて
きょうは満月。


おつとめです。


今夜は中秋の名月でもあります。


実は今朝、もう一曲つくっちゃったんだよね。

さて今晩はどんな曲が生まれるかな。。。
[PR]

by eisukem | 2011-09-12 13:26 | 作曲
2011年 09月 09日

円高なので2。

ついにというか
やっとe-bayで買った商品がとどきました。

買ったのはこれ。
c0029779_16253073.jpg











なに!?

と思うかもしれませんが
マイクにつないで使うプリアンプという機材です。

早速、動作確認。

ばっちりです。


思ったよりも
見た目、中古感がただよっていますが
(実はこの写真は出品者のもので、よく撮れています。笑)
音は問題なしです。

これでかなりいい音で録れるようになります。


で、何を録るのかな!?(笑)



う〜ん、e-bayいいかも。

つぎは何をかおうか。。
[PR]

by eisukem | 2011-09-09 16:29 | お買い物
2011年 09月 06日

最期のお別れ。

c0029779_1759327.jpg




















きょう、おばあちゃまと最期のお別れでした。

ちょっぴり
泣いちゃった。。。



でも
大往生でよかったよ。

ひさしぶりに
親戚もたくさん集まって
そのパワーに未来を感じたし
がんばらなきゃって思うね。

最期は
僕の曲でお見送り。


用意した曲は

ひだまり
REMINISCENCE〜追憶〜
LOVE, FOREVER
True Love
遠い日のNostalgia
Love Never Say Sorry
おやすみ
HEART IN HEAVEN



明日22時〜の音楽と広告スペシャルライブ、後半の僕のライブは
勝手ながらおばあちゃま音楽葬にします!!

見てねっ。


Live video from your Android device on Ustream
[PR]

by eisukem | 2011-09-06 17:59 | その他
2011年 09月 04日

千鶴おばあちゃま。

(このブログに何度となく書いてる)
父方の祖母が亡くなった。
望月千鶴(ちづ)、享年102歳。

大往生です。

亡くなったのは9月2日11時7分。
上海にいっている間です。

二週間まえぐらいから調子をくずしていて
もうだめだろうといわれていました。

見舞いにいっていた母から
少し調子を戻しているようだと聞き
上海から戻ったらすぐに会いにいこうとおもっていました。


きょう、病院から実家に戻った
おばあちゃまに会いにいってきました。

とても
やさしい、おだやかな顔です。



父は5人兄弟なので
(しかも全員男。)
親戚一同集まると40人以上。
ビッグファミリーです。

2年まえ、100歳の誕生日を迎えたときに
みんなで集まりました。

「100まで生きる」と公言していただけあってその目標を達成して、
日に日に劣る体力と向き合いながら日々を過ごしていたのだと思います。


僕は千鶴おばあちゃまと
中学から高校までの6年間一緒に暮らしていました。


そして、僕のおばあちゃまはそのときから時がとまっていました。
ずっとそのまま生きてる気がしていました。

なので
一緒にすごした思い出はたくさんあります。

小学校の教員をやりながら
5人の男の子を育て上げただけあって
とてもタフで元気な人でした。

だからとってもおせっかい。

あらゆることに気を回して
口をだして、手伝おうとしてくれました。

当時僕は京都の中学校から目黒の中学校に転校して
多感な年頃だったので
そんなおばあちゃまに、少し反発していました。
一緒に暮らしていた兄のほうがもっとそうだったかも。。

おせっかいのたびに
「もういいからっ!」っておこると
「そうかい?」といってちょっと残念そうな顔をして微笑んでいました。


彼女は有言実行、決して責任を逃れることをしませんでした。

教員生活の最後数年間は
特別学級(障害児学級)の教員をしていました。

誰もやろうとはしなかったからです。

教員生活を終えたあとも
行政の相談員をやったり
(きょう、実家にいったらその長年の功績に感謝状が飾ってあった。)
絵画をはじめて何度も個展を開いたり
詩吟やハーモニカなんかもカラダがだめになるまでやってたな。
(実際はカラダがだめになるというより、ほかのひとに気遣いさせるのが
悪いからという理由のほうが大きかったと思う。)

とにかく目標を決めて
最後までやり通す。

そんな人でした。
(自伝なんかもつくちゃってた。それも宣言して。笑)



そんなDNAは望月家に脈々と流れていると思います。

父にも僕にも。


いま、そんな偉人が
小さくなって眠っています。

こんなに小さかったっけ。。。

僕の記憶と違うぞ。


きっと
彼女は幸せだったと思う。

やりたいことは全部やった。

健康なビッグファミリーをつくった。

人のために一生懸命奉仕した。

そして100まで生きた。


間違いなく天国だよ。

おばあちゃま。。。
[PR]

by eisukem | 2011-09-04 21:57 | その他