ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 05日

テレサ・テン


c0029779_22411667.jpg











先日、ミュージックフェアで
テレサ・テンの特集をやっていた。

没後10年だそうだ。

謎の死をとげた
台湾の大スターだが
日本でも大人気だった。

特にカラオケでは
すごい。

いまだに
定番とし歌い継がれている。


なんせ、曲がいい。

「愛人」
「つぐない」
「時の流れに身をまかせ」

どれも三木たかしの傑作だ。

最近、こういう曲が減ってきたよね。

歌謡曲時代の歌はほんとうにキャッチーだ。


ところで
主題は歌詞。

これらの歌詞、登場する女性像が共通している。

どの女性もほんとうに男にとって
都合のいい女性ばかりだ。

たとえば

時の流れに身をまかせ
あなたの色に染められ
一度の人生それさえ 捨てることはかまわない
だからお願い そばにおいてね
今はあなたしか愛せない

という具合。


く〜っ
男心からすると
抱きしめたくなるね
そこまで言われると。

女性は
どう感じるのかな!?
[PR]

by eisukem | 2005-04-05 22:44 | 音楽


<< ドーナツプラント、ついに…。      偽善という名のもとに。 >>