人気ブログランキング |

ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 03日

炎のメモリアル。

タイトルが悪い。

原題は「LADDER49」
(「はしご車49号」ってとこか)


僕が見た回は
お客さんが8人。

久しぶりに
特等席でみれた。

これじゃあ、打ち切りになるよ。


しかしだ
内容はとても8人の映画じゃあない。


なかなかどうして、立派に泣ける映画になっている。

炎のシーンも迫力があるし
ジョントラボルタもいい味だしている。


もっとも、欲をいえば
もっと泣かせる編集や小細工はできたと思う。

シナリオはわかりやすいだけに
惜しい。
(「いぬのえいが」と同じ手法ね。でも「いぬのえいが」のほうが泣けるかも。笑)


ただなあ
宣伝がへただよ。

タイトルがB級感を増長している。


「宇宙戦争」よりはましかもしれないけど。(笑)

by eisukem | 2005-06-03 17:52 | 映画


<< 悔しいこと。      自分の世界を持ち、続けること。 >>