人気ブログランキング |

ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 29日

ポロ・ラルフローレン。

きょうは
久しぶりにポロのセールにいってきました。

セールといっても
デパートではなくって
TOCで行われる招待セールのこと。

もうポロって時代でもないんだけど
ベッドまわりのホームウェアを狙いにね。

初日、しかも午前中にいったから
混んでたよ〜。

レジが激混みで
30分くらいならんだな。。。

でも
やっぱり
大したものはなかったなあ。

この手のセールって
だいたいがっかりさせられるね。

昔は伊藤忠とかでやってる
アルマーニのセールとかよくいったけど
ほとんど買ってないかも。

結局、海外でかったほうが安くていいからね。

ところで
ポロのセールで思い出したことがあります。

大学4年のとき
ひとりでロサンジェルスにいったことがあります。

車を借りて
モーテルを転々としてたんだけど
ある日、地図をみたら
ラスベガスっていうのが目に入って
だいたい2cmぐらいの距離だったから
あっ、ふらっといってみようって思ったんだ。

で、翌日金曜日に早速、ドライブ開始。

道は単純で
迷うことなくたどり着けるはずなんだけど
いけどもいけども
砂漠道でつく気配がない。

2cmだったはずなのに。。。

こういうときって
なんか心寂しくって
泣きそうになってた。

早朝にでたんだけど
お昼をとっくにすぎてて
そしたら
突如あらわれたショッピングモールがあった。

砂漠の真ん中だ。

ふらふらっとよってみると
どうやらアウトレットらしい。

これがうわさに聞いたアウトレットってやつか。

当時(92年)日本にはアウトレットという概念さえなかった。

そのショッピングモール、まだできたてで
かなりのお店がオープンしてなかったが
唯一目をひいたのが
ポロ・ラルフローレンだった。

日本ではまだ人気絶頂ブランドで
西武百貨店ぐらいにしか入ってなかった。

もちろん、セールなんてしてなかった時代だ。

それが
アメリカ値段のさらに50%オフで売ってた。

それを見た時には
生き返ったよ〜。

もっとも
学生だったから
そんなに買えなかったけど
それでもお徳な買い物を満喫しました。

これで
機嫌がなおって
ラスベガスまでのロングドライブを
なんとか乗り切れたんだ。

結局ついたのは
夕方だったなあ。


あのわくわく感、また
味わいたいな。。。


ちなみにラスベガス、
当時はいまのような一大娯楽リゾート施設ではなく
単なるカジノだったけど
それがねえ
勝ったんだよ。


その話はまた今度。

by eisukem | 2005-01-29 22:26 | お買い物


<< ロンドン~フランス日記その6。      ロンドン~フランス日記その5。 >>