人気ブログランキング |

ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 45 )


2009年 11月 25日

LOVE & PEACE。

マイケルの映画
「THIS IS IT」。

大入りだ。


これも
ただのドキュメンタリーだが
マイケルそのものがただものではないことが
それによって際立っていた。



最後のライブ
THIS IS IT が興行されていたのなら
間違いなく史上最高傑作のエンターテインメントになったであろうことは
想像に難くない。


その行き着く先は
どこにいくんだろう。

ふと思った。


やっぱり
最後はLOVE & PEACEなんだな。。。

by eisukem | 2009-11-25 23:49 | 映画
2009年 11月 24日

レコメンド。

『明日の記憶』を借りに行った。

僕は泣きたかったんだ。



近所のDVDレンタルは
独立系の小さなお店。

以前はビデオ屋さんが3店舗あったが
いまはここだけ。


久しぶりに行ってみると
何やらレコメンドカードが
いろんなところに張ってあった。


よくあるお店のレコメンドだ。
もちろん店員の手書き。


そんなカードに誘われるままに
3本の映画を借りた。

どうして
この3本になったか。。

自分でも説明がつかない。

でもカードに多分に影響されたことは
事実。


そして
借りたその日に見た。



一本目『MIST』

”衝撃のラスト15分”とあった。
それだけのために借りた。


見てしばらくして
それが大きな間違いだと気づいた。

町が奇妙な霧につつまれるのだが
そこから怪獣がでてくる。

ややB級の臭い。

僕は怪獣ものはリアリティがないので苦手。


そして
ラスト15分。

衝撃の展開。

あんまり好きじゃないなあ。。



二本目『いのちの食べかた』

最初に
吹き替えで見ようと
設定をかえようと思った。

ところが
設定がない。

きっと吹き替えするお金のない作品なんだなあと
思って見始めた。

ところが
間もなくその認識が間違っていたことに気づく。


音楽、ナレーションなしの
まったくのドキュメンタリー。


3倍速で見ました。。。(笑)



3本目『ディスタービア』


ヒッチコックの「裏窓」的な作品。

だけど
軽いなあ。。






僕は泣きたかったんだ。



レコメンドって難しい。。。

by eisukem | 2009-11-24 15:57 | 映画
2009年 09月 07日

プリティウーマン。

c0029779_114426.jpg










大好きな映画のひとつ。

きのう
テレビでやっていたので
また見てしまった。

なにげに
一番たくさん見ている映画かも。。。


やっぱり
いいなあ、夢がある感じが。



ところで
何度もみていると
いろいろ気がつくところがある。


最後、ロスからNYに帰るルイス(リチャードギア)。
実はロスは出張だったらしい。
(だからホテル住まい。)

彼は
ビビアン(ジュリアロバーツ)に
また会いたいという。

そのために
ロスに家などを用意した。

しかし、
彼女はそれを断わり
サンフランシスコに
留学へ旅立とうとする。

NYに帰る直前、
彼女の居場所をしっている運転手と共に
ルイスはビビアンを王子様のごとく迎えにいって
ハッピーエンド。



で、気になったのは
彼女はその後、ほんとうにハッピーになったのかということ。


ルイスは
別れ際、結局
彼女にプロポーズはしなかった。

愛人として
最高の用意をしただけだ。

それに対して
ビビアンは白馬の王子様(プロポーズ)じゃなきゃだめだと
跳ね返した。


だから
最後にルイスは迎えにいったのだけど
それはプロポーズだったのだろうか。


どう思いますか!?

by eisukem | 2009-09-07 11:44 | 映画
2009年 05月 28日

プリズンブレイク4。

ついに手を染めてしまった。。。(笑)


でもね、、
ちょっとつまらない。

なぜなら
もうあまりに作り話すぎて
リアリティがなくなっちゃってるんだ。

展開もむちゃくちゃ早いし。

あの1stシーズンのような
次がみたくてたまらないという気持ちには
なってないかなあ。。。

by eisukem | 2009-05-28 18:22 | 映画
2008年 10月 26日

フラガール。

DVDでふらっと借りてみました。

観るまで
蒼井優がいい演技をしているらしいという評判以外は
映画のことを何もしらなかった。


常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)
が炭鉱の町からできたときの歴史物だった。


いい映画というのは
大抵歴史をなんらかベースにしたものが多い。

ファクトは何よりも強いということか。



映画のほうは
評判どおり、蒼井優は最高の演技をしていたし
(先生役の松雪泰子よりもずっとダンスのセンスもいい。)
随所で泣けるストーリーだった。
(前半はやや退屈だったけど。。)


演技として目を引いたのは
岸部一徳が松雪泰子に福島弁居酒屋で喧嘩するシーン。

岸部一徳が見事な早長台詞を演じきっていた。




ところで
僕はかつてスパリゾートハワイアンズにいったことがある。

98年ぐらいだったか。


正直あまり印象に残らなかったが
(あっ、ウォータースライダーで500円なくしました。笑)
まわりに何もないところにあの施設があったのは
炭鉱の町だったということから納得がいった。


それよりもその旅で印象的だったのは
那須高原にいったときのこと。

ホテルサンバレー那須というホテルにとまったんだけど
そこにアクアヴィーナスという温泉&プール施設がある。


基本、水着を着てさまざまな温泉プールを楽しむという施設なんだけど
プールゾーンから温泉ゾーンに入っていくとあまりのできごとに目が点になった。


温泉は混浴ということになっているんだけど
まあ、みんな水着を着ているから当たり前だろう。

ところが
その温泉はなんと男湯から直結していて
水着を着ていないおっさんたちが自由に出入りしているんだ。


僕もびっくりするけど
もっとびっくりするのは
女性たち。


ふつうにカップルや女性同士が水着で温泉ゾーンにいくと
裸のおっさんたちが堂々と歩いていると
さすがに。。。。



これって今でもそうなのかなあ。。




そんなことを
久しぶりに思い出しました。(笑)

by eisukem | 2008-10-26 21:40 | 映画
2008年 10月 01日

ついに!

待ちに待った
プリズンブレイク3がはじまってしまう。

(DVDレンタルははじまっています。でもテレビでみたいんです。)


ここ数年、連ドラをみたことがない僕が
唯一見続けているドラマ、それがプリズンブレイク。


いやあ、楽しみだなあ。

でも
もう脚本の限界が来ているだろうけどなあ。。
(正直無理があります。笑)



明日、深夜1時38分。
CHECK IT OUT !

by eisukem | 2008-10-01 09:38 | 映画
2007年 12月 29日

アイアムレジェンド。

ウィルスミス主演の映画です。

公式サイトはこちら。

感想をいいます。

つまらな〜いっ!(笑)

もう少しシリアスな映画を想像してたんだけど
ただのゾンビ映画になってます。
(予告じゃぜんぜんわからないけどね。)

でも
誰もいなくなったNYのCGはさすがです。

どんだけ製作に時間がかかったのか
想像できません。

あと
ウィルスミスっていったいくつなの?っていうぐらい
マッチョで鍛えられた肉体。

すばらしい。

やっぱり体鍛えないとだめだなあ。。
最近さぼってるし。

来年のテーマにしよう。(笑)

by eisukem | 2007-12-29 18:11 | 映画
2007年 11月 05日

プリズンブレイク2最終回。

やっとみました。
プリズンブレイク2最終回。

なんかね、HDレコーダーが
壊れていて録画できなかったから
友達にダビングしてもらいました。
(壊れたと思っていたらたくさんためすぎていて
チャプターがオーバーしていただけだったかも。)


いやあ、最終回は気合いがはいっていて
おもしろかったあ。

で、次はどうなるって?

また
振り出しかよ〜。(笑)

3も見逃せない!!

by eisukem | 2007-11-05 23:24 | 映画
2007年 10月 02日

ヘアスプレー。

久しぶりに試写会にいってきました。

場所は
新宿厚生年金会館。

こんなところで
試写会やるんだ。。。


ずいぶん前に
今井美紀のコンサートを見たなあ。。。

あっ、そういえば
谷村有美さんと中西啓三のコンサートにいったことも。。。


いろいろ
思い出に浸りながら
2F席で観覧。


観たのは
ヘアスプレー


1960年代のボルチモアで
ダンス好きの太った少女が
地元のダンスTV番組に出演して
成功するドリーム物語。

全編、ミュージカル仕立てで
60年代の有名な曲風の(笑)曲が
使われていました。

主演は新人のニッキー・ブロンスキー。
1000人のオーディションで選ばれたそうだ。

太っているわりには(!?)
歌もダンスも上手。

アメリカ俳優の層の厚さを感じるね。


また脇役には名俳優が結構でてる。

ジョントラボルタがニッキーの母親役ででているのには
笑ったが役どころとして彼が出演する意味なし。


肝心の映画のほうは
僕の採点で5点中2点かな。


ストーリーは
当時の黒人差別からの解放をたくみに盛り込んでいるものの
全体的に浅い感は否めません。


ミュージカル映画で
CHICAGOってのがあったけど
あのレベルを想像するとちょっともの足りないかな。

でも
笑いどころもあり
気楽に楽しめるので
よかったらどうぞ!

by eisukem | 2007-10-02 01:21 | 映画
2007年 09月 02日

プリズンブレイクその5。

毎週のお楽しみになっているプリズンブレイク。

さて、今回も鳥飼を用意して。。。


あれれ、、


。。。



僕は
あと何度「プリズンブレイクその4」と同じブログを
書かなければならないのか。。。



あっ、もちろん
ビデオ屋さんに走りました。

新作で当日返却。

あと数時間しかない。。。

く〜。

by eisukem | 2007-09-02 21:25 | 映画