人気ブログランキング |

ピアニスト望月衛介のe-message

eisukem.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 45 )


2006年 10月 22日

勢いあまって。

レンタルされていた放送禁止の1、2を連続でみた。

1はそもそも放送禁止の企画をつくった点は評価できるが内容はまったくだめだ。
リアリティーがゼロ。

2から前回僕がみた5の形式をとっていた。
つまりできるだけリアルなドキュメンタリーにみせようとする仕掛けを
徹底している。

ただ、伏線がみえみえなのが
リアリティ−を半減させていて
5のような感動(!?)はなかったなあ。

きっと
スタッフも徐々にクオリティーをあげていっているのだろう。

しかし、
46分しかないドラマが一本ずつDVDになっているのは
どうかと。
(つまりレンタル料金はそれぞれ発生してしまう。)

せめて2本入りぐらいにはしてほしいなあ。

by eisukem | 2006-10-22 19:46 | 映画
2006年 10月 10日

衛介@BEIJINその2。

機内で久しぶりに映画をみた。

観たのは
「嫌われ松子の一生」。

今度TBSでドラマ化されるが
その予告編をたまたま家でテレビでみたので
その影響だ。

ストーリーは愛に一途な波乱に満ちた
松子の生涯を描いたもの。

中谷美紀がコミカルに演じていた。

前半はわりとテンポよく観られたが
後半はちょっとだれたかな。

きっと
ドラマのほうがシリアスに描かれて
おもしろいのかも。

松子はいわゆるだめんずうぉ〜か〜。

そういえば
そっちのほうもドラマ化されるっけ。

by eisukem | 2006-10-10 20:33 | 映画
2006年 08月 07日

ダニー・ザ・ドッグ。

久しぶりに映画をみた。

最近映画館で映画見てないなあ。

今回、レンタルDVDでみたダニーザドッグ

なんかの映画をみたときに
予告編をみて
見てみたいと思ってた映画。

ストーリーは
用心棒として借金とりに犬のように飼いならされていたダニーが
盲目のピアノ調律師と出会い、人として目覚めていくというもの。

ファイトクラブをさらにうそ臭くした感じと
人とのふれあいの描きかたが浅くて
期待ほどおもしろくなかったかも。


ところで
ダニーがピアノ調律師の家でもらった電子キーボードがあるんだけど
それ僕が昔もっていたやつだった。

ヤマハのポータブルなやつ。

中学時代、これで
いろいろデモつくったんだよね~。

僕の音楽アレンジのスキルはここからはじまったといっても過言ではない。

放送委員をしていたとき
これでつくったデモに感動したほかの人が
僕のデモをなんとお昼休みに放送するという暴挙もあったっけ。(笑)

いまでも
そのキーボードもってます。

もう鍵盤かけちゃってるけどね。

by eisukem | 2006-08-07 17:46 | 映画
2006年 08月 02日

いまさら24。

やっぱりおもしろいよ、「24」。

ビデオやさんに「LOST」を借りにいったんだけど
レンタル中だったので
以前、途中までみた(途中かよっ。笑)「24」をみることに。

「7時〜9時」まで見ていたんだけど
忘れちゃったので
もう一度、「7時〜9時」、そして「9時〜11時」を借りました〜。

おもしろいね。

映画は脚本だよ。

みんなは
見たかな!?


でも
延滞して420円追加で払った僕。

次はいったいいつ借りるのだろう。。。

by eisukem | 2006-08-02 11:03 | 映画
2006年 04月 12日

火垂るの墓。

実はSAWとあわせて
借りたビデオがある。


「火垂るの墓」、ジブリ作品だ。

いま、なぜっていわれても
理由はないけど
なんとなく気になっていた作品。


わけあって
14インチのテレビデオでみたため
(DVDはなかったんだ。)
感動も14インチだったんだけど
かわいそうなお話だった。


だけど
涙はでなかったな。


自炊とかして
あんなにたくましく生きている兄だったら
妹をしなせないでいれたんじゃないかって
すごく思いながらみてた。

親戚のおばさんだって
謝ればなんとかなっただろうし。。。


なんだか
変な見方をしてしまった。

14インチだったからかも。

by eisukem | 2006-04-12 17:47 | 映画
2006年 04月 10日

SAW。

見た?


レンタルビデオやさんにいったら
何気なく新作のコーナーに
ひときわ目立つ作品があった。

続編の2だけ
ぜんぶ軒並み借りられていた。


なんだろう、これ。。


家にかえって早速見た。


なるほど、続編かりなきゃ。。。

by eisukem | 2006-04-10 12:46 | 映画
2005年 07月 10日

スターウォーズ〜帝国の逆襲〜

テレビをつけたら
やっていた。

つい見ちゃった。


思えば僕が5年生ぐらいだったかなあ。。

初めて自分でお金を払ってみた映画だったかも。

確か立ち見で
通路に座ってみた記憶が。


でも
正直、面白いとは思わなかったなあ。

スターウォーズには
音楽からしてやられてたけどね。


でも
今見ると
わかるね。

前後のつながりも含めて。


う〜ん、
シスの復讐、見るしかないか。

by eisukem | 2005-07-10 23:40 | 映画
2005年 06月 26日

次にみる映画。

それは
ブロウ

映画好きのM先輩から教えてもらった。

僕の好きなマフィアものだ。
ジョニーデップの傑作だそう。

きのう、借りようとおもったら
すでにレンタル済みだった。



このM先輩の映画好きは半端じゃない。

日本で公開されている映画はほとんどすべて見ている。

まず彼の奥さんが
映画ライター。

まずかなりの作品のビデオ、試写会案内が届く。

そして
WOWOWとスカパーはもちろん加入。

とはいえ
WOWOWとスカパーでやっている作品は
すでにほとんどチェック済みだそう。


日本人の映画館でみる年間の映画の数は
だいたい2本ぐらいがマジョリティー。

僕は
そうだなあ、10本以上は
映画館でみるかなあ。。。

飛行機で
5〜10本ぐらい。

平日限定。(笑)

by eisukem | 2005-06-26 21:23 | 映画
2005年 06月 26日

ゴッドファーザー再び。

DVDでゴッドファーザー1をまた見た。

まえに見たのはもう何年もまえ。

だいぶストーリーを忘れている。

覚えているのは
映画プロデューサーの寝ているところに
60万ドル(今でいうと何十億か。)の愛馬のちょんぎった首が
入れられているシーンぐらいだ。
(ゴッドファーザーのいうことを聞こうしなかったための仕打ち。)


3作目までをみて
改めて1作目をみると
よくわかった。

だいたいこのストーリー
3部作を前提につくられている。

でないと
説明不足のところが
多すぎる。


コッポラはすごい賭けをやったね。

スターウォーズも
もともと9部作だったという話になっているが
一作目を見る限り
それはあとからつくったようにしか見えない。

ゴッドファーザーは違う。


でもなあ、長過ぎるよ。

一作一作が。

ちなみに
僕は一日延滞したため
きのう、3時まで起きてみてました。

もちろん、それから返しにいったよ。(笑)

by eisukem | 2005-06-26 20:49 | 映画
2005年 06月 20日

RAY。

無理やりDVDで観た。

新作だったから
1泊2日。


朝、4時までやっているビデオやさんで
3時ごろに返した。


ねむ~。



ストーリーは
レイ・チャールズの半生、
7歳で失明し、スターになるまでを
描いたもの。


映画自体はまあまあだったけど
印象的だったのは
才能を注目されて
最初のヒットを生み出すときのところ。

彼のスタイルは
ナッキング・コールなどの物まねといわれていたが
レコード会社のプロデューサーに
独自の新しいスタイルを伝授されて
それが彼のスター街道をつくった。


なるほど。。。



独自のスタイル。

違い。


"THINK DIFFERENT"


大事なテーマだね。

by eisukem | 2005-06-20 18:08 | 映画